バイタルサイン用プロファイル

概要

項目 内容
定義URL http://hl7fhir.jp/fhir/StructureDefinition/JP_Observation_VitalSigns
バージョン 1.0.0
名前 JP_Observation_VitalSigns
タイトル JP Core Observation Vital Signs Profile
ステータス アクティブ(2021-06-01)
定義 患者バイタルサインの1項目を対象として表現する、Observationリソースのためのプロファイル
公開者 HL7 FHIR JP WG
Copyright 2021
ソースリソース https://simplifier.net/fhirjpigwg/jpobservationvitalsigns

本プロファイル説明は、患者に付属する一項目分のバイタルサイン情報について、情報の登録や検索、取得のために、FHIR Observationリソースを使用するにあたっての、最低限の制約を記述したものである。 Observation リソースに対して本プロファイルに準拠する場合に必須となる要素や、サポートすべき拡張、用語、検索パラメータを定義する。

背景および想定シナリオ

本プロファイルは、以下のようなユースケースを想定している。

  • Patientリソースからの指定された日時、期間での患者バイタルサイン情報の参照
  • Patientリソースからの指定された患者バイタルサイン項目に対する指定された期間でのバイタルサイン情報の参照
  • Patientリソースからの標準値を外れた患者バイタルサイン情報の参照
  • 指定された期間や患者バイタルサイン項目に対し、条件に合致するバイタルサイン情報、または関連する他のリソース(Observationリソースや、Patientリソース等)の参照。

スコープ

Observtion はヘルスケアの中心的な要素であり、診断の支援、進捗状況の監視、ベースラインやパターンの決定、さらには人口統計学的特性の把握に使用されます。ほとんどの Observationは、いくつかのメタデータを持つ単純な名前/値のペアのアサーションであるが、いくつかの Observationは、他の Observationを論理的にグループ化したり、あるいはマルチコンポーネントの Observationであったりする。

このプロファイルでは上記想定シナリオにて用いられる Observationの用途がスコープであり、患者基本情報の中でも特に患者バイタルサインに該当する情報項目の1つを取り扱う際に、必要な要件を定義している。

関連するプロファイル

このプロファイルは、以下のリソースに対して定義された各プロファイルから直接参照される可能性がある。

  • JP Core AdverseEvent リソース
  • JP Core Appointment リソース
  • JP Core CarePlan リソース
  • JP Core ChargeItem リソース
  • JP Core ClinicalImpression リソース
  • JP Core Communication リソース
  • JP Core CommunicationRequest リソース
  • JP Core Condition リソース
  • JP Core Contract リソース
  • JP Core DeviceRequest リソース
  • JP Core DeviceUseStatement リソース
  • JP Core DiagnosticReport リソース
  • JP Core Encounter リソース
  • JP Core FamilyMemberHistory リソース
  • JP Core Goal リソース
  • JP Core GuidanceResponse リソース
  • JP Core ImagingStudy リソース
  • JP Core Immunization リソース
  • JP Core MedicationAdministration リソース
  • JP Core MedicationRequest リソース
  • JP Core MedicationStatement リソース
  • JP Core MolecularSequence リソース
  • (他の)JP Core Observation リソース
  • JP Core Procedure リソース
  • JP Core QuestionnaireResponse リソース
  • JP Core RequestGroup リソース
  • JP Core RiskAssessment リソース
  • JP Core ServiceRequest リソース
  • JP Core SupplyRequest リソース

このプロファイルは、以下のリソースに対して定義された各プロファイルを直接参照する可能性がある。

  • (他の)JP Core Observation リソース

リソース定義

category1..Binding
code
subject1..Reference(Patient)
encounter1..
effectiveDateTimedateTime
effectivePeriodPeriod
hasMemberReference(Observation| QuestionnaireResponse| MolecularSequence| JP_Observation_VitalSigns)
derivedFromReference(DocumentReference| ImagingStudy| Media| QuestionnaireResponse| Observation| MolecularSequence| JP_Observation_VitalSigns)

必須要素

次のデータ項目は必須(データが存在しなければならない)、あるいは、データが送信システムに存在する場合はサポートされなければならないことを意味する(Must Support)。

必須

JP_Observation_VitalSigns リソースは、次の要素を持たなければならない。

  • status︓患者バイタルサイン情報項目の状態は必須である。
  • category︓このリソースが示す患者バイタルサイン情報項目を分類するための区分であり、このプロファイルでは必須とする。
  • code︓このリソースは何の患者バイタルサイン情報項目であるかを示すため必須である。
  • subject︓このリソースが示す患者バイタルサイン情報項目が、どの患者のものかを示すため、このプロファイルでは参照するpatientリソースの定義を必須とする。
  • encouter:このリソースが示す患者バイタルサイン情報項目が、どの診療イベントにより発生したものかを示すため、このプロファイルでは必須とする。

Must Support

このプロファイルでは MustSupport要素定義は行っていない。

Extension定義

このプロファイルでは拡張定義は行っていない。

用語定義

Path 定義 バインディング強度 バリューセット
Observation.category MEDISの看護実践用語標準マスター<看護観察編>の大分類1.バイタルサイン・基本情報、中分類1.バイタルサインの「焦点」を基にバリューセットを定義する Preferred (TBD) ※MEDISの同マスタのValue set名が見当たらない。
Observation.code MEDISの看護実践用語標準マスター<看護観察編>の大分類1.バイタルサイン・基本情報、中分類1.バイタルサインを対象とする Preferred (TBD) ※MEDISの同マスタのValue set名が見当たらない。

制約一覧

このプロファイルでは制約定義は行っていない。

利用方法

インタラクション一覧

Observationリソースのインタラクション一覧の定義はユースケースに依存せず共通であるため、共通情報プロファイルに記載されている。

Observation共通情報プロファイル#インタラクション一覧

OperationおよびSearch Parameter 一覧

Search Parameter一覧

バイタルサインユースケースのSearch Parameter一覧は共通情報プロファイルに記載されている。

検索時のcategoryパラメータは"vital-sign"となる。

Observation共通情報プロファイル#Search Parameter一覧

Operation一覧

ObservationリソースのOperation一覧の定義はユースケースに依存せず共通であるため、共通情報プロファイルに記載されている。

Observation共通情報プロファイル#Operation一覧

注意事項

(全体に対する注意事項等、その他の部分について記載します。)## VitalSigns