2.1.1.7. PractitionerRole(医療者役割)

概略

医療者が組織で一定期間実行する可能性のある特定の役割/場所/専門分野/サービスのセット。

項目 内容
定義URL https://simplifier.net/guide/jpfhirjp/PractitionerRole
バージョン x.x.x
名前 JPCorePractitionerRoleProfile
タイトル JP Core PractitionerRole Profile
ステータス アクティブ(yyyy-mm-dd)
定義 xxxxxx
公開者 HL7 FHIR JP WG・・・
Copyright xxxxxxx
ソースリソース StructureDefinitionリソースへのリンク(XML/JSON/Turtle)

本プロファイルは、PractitionerRoleリソースが医療者の役割を記録、検索、およびフェッチするための最小の期待値を設定する。 これは、このプロファイルを使用するときにPractitionerRoleリソースに存在する必要がある必須のコア要素、拡張機能、語彙、および値セットを識別する。

背景および想定シナリオ

本プロファイルは、以下のようなユースケースを想定している。

  • 医療者の臨床専門分野による医療者役割の検索

  • 他のリソースからの医療者役割の参照(例:Encounterリソースのparticipantで参照される患者の関係者の医療者役割)

スコープ

医療者役割は、医療者が組織に提供できるサービスの場所と種類の記録をカバーする。

医療者役割の他のインスタンスで必要に応じて、ロール、スペシャリティ、ロケーションテレコム、およびHealthcareServiceプロパティを繰り返すことができる。 単一の場所のサービス値のコレクションを記録するシステムもあれば、単一のサービスとそれが利用可能な場所のリストを記録するシステムもある。 どちらも、このデータを表すための許容可能なオプションである。可用性、通信、またはその他の詳細がすべてのヘルスケアサービス間で同じではない場合、または場所ごとに個別の医療者役割インスタンスを作成する必要がある。

関連するプロファイル

★★コメント : 各JP リソースの参照個所に、JP版リソースが追加されることを前提としています。★★

JP PractitionerRole リソースは、以下のリソースから直接参照される。

  • Signature, Account, AdverseEvent, AllergyIntolerance, Appointment, AppointmentResponse, AuditEvent, Basic, BiologicallyDerivedProduct, CarePlan, CareTeam, CatalogEntry, ChargeItem, Claim, ClaimResponse, ClinicalImpression, Communication, CommunicationRequest, Composition, Condition, Consent, Contract, CoverageEligibilityRequest, CoverageEligibilityResponse, DetectedIssue, DeviceRequest, DeviceUseStatement, DiagnosticReport, DocumentManifest, DocumentReference, Encounter, EnrollmentRequest, EnrollmentResponse, EpisodeOfCare, ExplanationOfBenefit, Flag, Goal, Group, ImagingStudy, Immunization, Invoice, Linkage, List, MeasureReport, Media, MedicationAdministration, MedicationDispense, MedicationRequest, MedicationStatement, MedicinalProduct, MessageHeader, NutritionOrder, Observation, Patient, PaymentNotice, PaymentReconciliation, Procedure, Provenance, QuestionnaireResponse, RequestGroup, ResearchStudy, RiskAssessment, Schedule, ServiceRequest, Specimen, SupplyDelivery, SupplyRequest, Task, VerificationResult and VisionPrescription

JP Core PractitionerRole リソースは、以下のリソースを直接参照する。

  • JP Core Practitioner リソース
  • JP Core Organization リソース
  • JP Core Location リソース
  • JP Core HealthcareService リソース
  • JP Core Endpoint リソース

リソース定義

★★コメント : 定義表の記載は省略しています。★★

必須要素

★★檀原コメント : ここに書くのは、1..1や1..*などの必須入力項目や、Must Support属性のついた要素だけですかね?そうであれば、Locationは書くものがない。★★

次のデータ項目は必須(データが存在しなければならない)、あるいは、データが送信システムに存在する場合はサポートされなければならないことを意味する。(Must Support)。

Practitioner リソースは、次の要素を持たなければならない。

  • name :医療従事者の氏名は必須であり、name.text が必ず存在しなければならない。

Practitionerリソースは、次の要素をサポートしなければならない。

  • identifier: 医籍登録番号が利用可能な場合、サポートされなければならない。

Extensions定義

★★コメント : JP Core Location リソースで定義された拡張は特にありません。拡張定義の詳細は、別ドキュメントに記述される想定です。★★

用語定義

Path 定義 バインディング強度 バリューセット
PractitionerRole.code 医療者が組織のために実行することを許可されている役割 Example Practitioner role
PractitionerRole.specialty 医療者の特定の専門性 Preferred Practice Setting Code Value Set
PractitionerRole.availableTime.daysOfWeek 開始時刻と終了時刻の間の利用可能な曜日 Required DaysOfWeek

制約一覧

制約はありません。

★★コメント : US-Coreに準じて、制約の一覧も追加した方がよいと考えます。Practitionerリソースには制約の定義がなかったので、例示します。★★

id レベル 位置 説明
jp-prc-1 Rule Practitioner.name 姓または名のいずれかが存在するか、あるいは、data-absent-reason拡張が存在しなければならない。 (family.exists() or given.exists()) xor extension.where(url='http://hl7.org/fhir/StructureDefinition/data-absent-reason').exists())

利用方法

インタラクション一覧

★★コメント : 説明のための例示です。内容の妥当性は考慮していません。★★

コンフォーマンス インタラクション
SHALL(必須) search-type、read
SHOULD(推奨) vread、history-instance
MAY(利用可能) create、update、patch、delete、history-type

OperationおよびSearch Parameter 一覧

★★コメント : サンプルを例示します。説明のための例示であり内容の妥当性は考慮していません。表の形式はテンプレートにあわせましたが、Search Parameter については、US-Coreを参考に、下に書いたような説明や例を追加したため、一覧の表は不要ではないでしょうか。US-Coreにも一覧表はありません。★★

Search Parameter一覧

コンフォーマンス パラメータ
SHALL specialty token GET [base]/PractitionerRole?specialty=http://nucc.org/provider-taxonomy|208D0000X
SHALL practitioner token GET [base]/PractitionerRole?practitioner.identifier=http://hl7.org/fhir/sid/us-npi|97860456

★★コメント: 必要検索パラメータ、推奨検索パラメータの説明がテンプレートになかったため、US-Coreを参考に追加しました。★★

★★檀原コメント: 必要検索パラメータ、推奨検索パラメータ、追加検索パラメータの説明は、これから記載します。★★

必須検索パラメータ

次の検索パラメータは必須でサポートされなければならない。

  1. identifier 検索パラメータを使用して、医籍登録番号などの識別子によるPractitionerの検索をサポートしなければならない(SHALL)。

    GET [base]/Practitioner?identifier={system|}[code]

    例:

    GET [base]/Practitioner?identifier=http://hl7.org/fhir/sid/us-npi|123456

    指定された識別子に一致するPractitionerリソースを含むBundleを検索する。

  2. name 検索パラメータを使用して、任意の名前パートによる文字列検索をサポートしなければならない(SHALL)。

    GET [base]/Practitioner?name=[string]

    例:

    GET [base]/Practitioner?name=山田

    名前(姓、名、またはテキスト)が一致するPractitionerリソースを含むBundleを検索する。

推奨検索パラメータ

次の検索パラメータをサポートすることが望ましい。

  1. communication 検索パラメータを使用して、医療従事者が使用する言語コードによるPractitionerの検索をサポートすることが望ましい(SHOULD)。

    GET [base]/Practitioner?communication={system|}[code]

    例:

    GET [base]/Practitioner?communication=urn:ietf:bcp:47|jp

    使用言語が指定された言語コードと一致するPractitionerリソースを含むBundleを検索する。

追加検索パラメータ

★★コメント: US-Coreでは 基底以外の追加検索パラメータ(基底プロパティまたは拡張(Extension)に対する検索パラメータの両方を含む)についての記載がありませんが、必要と思われたので追加しました。内容は例示です。★★

  1. qualification-identifier検索パラメータを使用して、資格識別子によるPractitionerの検索をサポートしなければならない(SHALL)。

    GET [base]/Practitioner?qualification-identifier={system|}{value}

    例:

    GET [base]/Practitioner?qualification-identifier=http://example.org/UniversityIdentifier|12345

    指定された識別子と資格識別子が一致するPractitionerリソースを含むBundleを検索する。

  2. jp-core-ethnicity検索パラメータを使用して、民族性によるPractitionerの検索をサポートすることが望ましい(SHOULD)。

    GET [base]/Practitioner?jp-core-ethnicity={system|}{code}

    例:

    GET [base]/Practitioner/?jp-core-ethnicity=http:example.org/ethnicity|abc

    指定された民族コードと民族性が一致するPractitionerリソースを含むBundleを検索する。

Operation一覧

Locationに対するOperationは定義されていません。

サンプル

★★コメント:例示します。★★

★★檀原コメント:サンプルはこれから記載します。★★

{
  "resourceType": "Practitioner",
  "id": "example",
  "text": {
    "status": "generated",
    "div": "<div xmlns=\"http://www.w3.org/1999/xhtml\"><ul><li>神奈川 花子</li><li>カナガワ ハナコ</li><li>麻薬施用者免許番号:4-321</li></ul></div>"
  },
  "name": [
    {
      "extension": [
        {
          "url": "http://hl7.org/fhir/StructureDefinition/iso21090-EN-representation",
          "valueCode": "IDE"
        }
      ],
      "text": "神奈川花子",
      "family": "神奈川",
      "given": [
        "花子"
      ]
    },
    {
      "extension": [
        {
          "url": "http://hl7.org/fhir/StructureDefinition/iso21090-EN-representation",
          "valueCode": "SYL"
        }
      ],
      "text": "カナガワハナコ",
      "family": "カナガワ",
      "given": [
        "ハナコ"
      ]
    }
  ],
  "qualification": [
    {
      "identifier": [
        {
          "system": "urn:oid:1.2.392.100495.20.3.32.13",
          "value": "4-321"
        }
      ],
      "code": {
        "Coding": [
          {
            "system": "http://hl7.jp/fhir/ePrescription/certificate",
            "code": "NarcoticsPractitioner"
          }
        ]
      }
    }
  ]
}

注意事項

★★コメント : 例示します。★★

★★檀原コメント : 注意事項はこれから記載します。★★

医療従事者の資格は、組織や役割に関係なく医療従事者によって取得されたものであり、特定の組織(Organization)または場所(Location)で、資格に関連する役割を実行することが許可または認可されていることを意味するものではないことに注意する。

その他、参考文献・リンク等