身体所見用プロファイル

構造定義

(リソース定義全般の概略記載します)

想定シナリオ

(想定しているユースケースを記述します)

スコープ

(対象としているスコープ/対象としないスコープについて記載します)

リソース定義

category1..1Fixed Value
codeBindingFixed Value
subject1..Reference(Patient)
encounter1..
effectiveDateTimedateTime
effectivePeriodPeriod
valueCodeableConceptCodeableConcept
JP_Observation_bodySite_Position0..Extension(Complex)
method
hasMemberReference(Observation| QuestionnaireResponse| MolecularSequence| JP_Observation_PhysicalExam)
derivedFromReference(DocumentReference| ImagingStudy| Media| QuestionnaireResponse| Observation| MolecularSequence| JP_Observation_PhysicalExam)
valueCodeableConceptCodeableConcept
valueStringstring

必須要素

Observationリソースの必須要素の定義はユースケースに依存せず共通であるため、共通情報プロファイルに記載されている。

Observation共通情報プロファイル#必須要素

Extension定義

本プロファイルで使用される拡張は次の通りである。

  • JP_Observation_bodySite_Position
    • 左右の区別を表現する際に使用する。

用語定義

Path 定義 バインディング強度 バリューセット
Observation.category 「exam」固定 Preferred ObservationCategoryCodes
Observation.code 「所見の有無」固定 Required JP_Observation_PhysicalExam_Code
Observation.value[x] コードに限定する Required Hl7VSYesNoIndicator
Observation.bodySite 外保連の操作対象部位を基にバリューセットを定義する。左右の区別は拡張で表現する Preferred JP_Observation_PhysicalExam_BodySite(TBD)
Observation.method MEDIS症状・所見マスターの「診察方法」を基にバリューセットを定義する Preferred JP_Observation_PhysicalExam_Method(TBD)

制約一覧

このプロファイルでは制約定義は行っていない。

利用方法

インタラクション一覧

Observationリソースのインタラクション一覧の定義はユースケースに依存せず共通であるため、共通情報プロファイルに記載されている。

Observation共通情報プロファイル#インタラクション一覧

OperationおよびSearch Parameter 一覧

Search Parameter一覧

身体所見ユースケースのSearch Parameter一覧は共通情報プロファイルに記載されている。

検索時のcategoryパラメータは"exam"となる。

Observation共通情報プロファイル#Search Parameter一覧

Operation一覧

ObservationリソースのOperation一覧の定義はユースケースに依存せず共通であるため、共通情報プロファイルに記載されている。

Observation共通情報プロファイル#Operation一覧

注意事項

(全体に対する注意事項等、その他の部分について記載します。)##