このドキュメントはHL7 FHIR実装ワーキンググループで作業中有の実装ガイドです。日本HL7協会が承認するものではありませんので、実装や利用は全て自己責任で行ってください。

1.1. 総合ガイダンス


このセクションでは、このImplementation Guideで使用されるすべてに共通する重要な定義、解釈、および要件の概要を説明する.

1.1.1. Jp Coreの紹介


本Implementation Guideは、HL7 FHIRを元に日本国内で患者データにアクセスするための最小限の適合性要件を定めたものである。日本国内での基底Implementation Guideとなることから、「Jp Core Implementation Guide」(以下Jp Core)と命名する。
日本国内の医療情報相互運用性規格としてはHL7v2.5規格があるが、FHIRはHL7v2.5への後方互換性を有していないことから、Jp Coreも完全な後方互換性は備えていない。
Jp Coreは「JAMI NeXEHRS課題研究会(正式名:次世代健康医療記録システム共通プラットホーム研究会)」に設置された「HL7 FHIR日本実装検討WG」において検討を行っているものである (現時点において日本HL7協会が承認するものではありませんので、実装や利用は全て自己責任で行ってください。)

1.1.2. SHALL,SHOULD/SHOULD NOT,MAY定義


Conformace 定義
SHALL 実装する際に必ず満たさなければならない。
SHALL NOT 実装する際に満たしてはならない。
SHOULD 実装に考慮すべきベストプラクティスまたは推奨事項であり、それを選択しない場合にはその意味をよく理解し、慎重に検討してからである必要がある。
SHOULD NOT 実装に考慮すべきでない事項であり、それを選択する場合にはその意味をよく理解し、慎重に検討してからである必要がある。
MAY 実装のためのオプションで、含めることも省略することもできる。

1.1.3. FHIRメジャーバージョン間の変更


FHIRの各メジャーバージョンでは、コアデータモデルが変更されています。 FHIRコア仕様では、実装者にバージョン間の変更をナビゲートするためのbase resource differentialが提供されています。

1.1.4. 質問先


メール:Office@HL7FHIR.JP

(文字はすべて半角に変えてください)

1.1.5. 主体


NeXEHRS研究会 HL7FHIR日本実装検討WG

https://hl7fhir.jp/